人体ダミー

人体ダミー

人体ダミーは製品の新規開発や安全性、事故時において被災者が受けるダメージの検証や予測のための実験などに使用されます。自動車の衝突試験に使用される人体ダミー(human body dummy)は一般的によく知られていますが、今日の人体ダミーは利用目的により様々な製品が用意されています。

例えば、「危険体感マネキン」は安全教育など、座学で伝えきれない危険予知活動の体感教育(scared straight)に使用されますし、「レスキューマネキン」などは災害や事故現場を想定して行われる救助訓練などによく使用されます。いずれの人体ダミーも構造は頑強で長期間にわたって繰り返しの使用に耐えることができます。「実験用ダミー」はおもに製品の試験、評価、開発などに使用されます。これらのダミーは頭部、胴部、上肢、下肢とも各部がヒトと近似した重量配分で構成され、首、肩、腰、股関節、膝などの各関節はヒトと同様に可動させることができます。